トピックスTopics

塾長ブログ

小学生の部の取り組み

大和塾では基礎学力を充実させるために40年間にわたって、100ます計算(2ケタ×1ケタ)や漢字テスト、歴史年号テスト、白地図テスト、パズル、積み木、点描写などの脳力開発トレーニングを授業の始めに取り入れています。

この取り組みが子供たちの勉強の土台を作っています。しかし、この取り組みの結果がはっきりわかるにはとても時間がかかります。長い目で見ていただけるとありがたいです。

子供たちの教育は時間がかかります。短期間で無理矢理成績を上げ、志望校に合格させることも大切です。しかし、それだけでは先々で生徒本人が困ることになります。しっかりと土台作りをしてあげることが重要だと私は考えています。土台作りは一朝一夕ではできないのです。

保護者や生徒の中には短期間で成績が上がらないから塾を変えるという方もおられます。大和塾では短期間で成績を上げるという教育は行っていません。生徒と講師の間の信頼関係を築き、生徒の将来に対する夢や希望を自ら話してもらい、その夢や希望に向かってどのように進めばいいのかを私たちがアドバイスをする。そういう教育には大変時間がかかるのです。

これからも大和塾小学の部に通ってくれている生徒一人一人を手塩にかけて育てます。

pagetop